読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の旅と温泉巡り、

実際に訪れた温泉や訪れてみたい温泉各地と旅の記録、

タイトル画は草津温泉の湯畑   北海道知床の野趣満点「カムイワッカの湯」と本州南端;鹿児島指宿温泉の「砂湯」

いい湯だな・・!、温泉うんちく、

いい湯だな・・!、温泉うんちく、





四国・松山の道後温泉本館と内部の神の湯



「日本一周の旅の記録」へリンクします
 
うう湯だな・・!、温泉うんちく、

ところで、どうして我々日本人は、
こんなにも温泉好きなのであろうか。

一つには、火山の多い国土のいたるところに温泉が湧き出している、
という恵まれた自然環境があげられるだろう。

また夏の高温多湿や冬の寒さといった気候条件も影響しているだろう。



しかし、どうも、それだけではないようだ。
古来の温泉信仰とともにあった湯治の伝統が、
日本人独特の温泉観、温泉文化を
つくり出してきたと云えるのではないだろうか。


古来の湯治は、仏教においては
病を退けて福を招来するものとして入浴が奨励され、
近在の寺僧が温泉地を開拓、あるいは主唱となって
近隣住民に施浴をおこなうために湯治場を設けることも多くなった。


そして、住民たちは病気や怪我が平癒すると
温泉に対してありがたみを感じるようになり、
温泉信仰が根付くようになった。
やがて、少彦名命を祀った温泉神社が建てられたり、
薬師如来は温泉の仏様として知られ、温泉寺も多数建立されるようになり、
温泉地を見守る存在となった。

中でも、日本神話にまつわる少彦名命大国主命などは医薬にも精通し、
温泉に着眼していたといわれる。




「日本の世界遺産の旅の記録」へリンクします
  


 




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
seesaaブログ    fc2ブログ    gooブログ    googleブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」